M&A BASICS

M&Aとは

価格の決め方

うちの会社はいくらで売れる?~会社の価格を決める3つのアプローチ~

“かたち”があるようでない会社や事業というものの売買ほど価格をつけるのが難しいものはないでしょう。所有する資産でその会社を評価するのか、類似会社の市場価値を参考にするのか、その会社の将来性を重視するのか、算出する方法には様々なアプローチがあるので、どれが「正」でどれが「否」とは言い切れません。
では、そのような定めにくい企業の価格をどのようにして決めていくのか、ここでは大きく分けて3つの企業価値評価の考え方について説明していきます。

【コストアプローチ】

会計上の純資産を元にその会社や事業に一体いくらくらいの価値があるのか、という視点から企業の価値を算定する考え方を「コストアプローチ」と言います。
会社の歴史や信用、社員個々人の秀でた営業能力や職人の優秀な技能といった帳簿に記載できない価値はもちろん、例え黒字であったとしてもその事業価値は考慮せず、ただ単に保有している現預金や不動産、有価証券といった資産のみを会社の価値とする考え方です。もちろん負債がある場合は、資産からマイナスした簿価純資産を企業の価値と考えます。
「コストアプローチ」には資産を時価に計算しなおすといった考え方もあります。さらにその時価の捉え方により2つに分けられます。一つは企業の資産を再取得するのにはいくら必要か、と考える「再調達原価法」。もう一つは企業の資産を全て処分した場合いくらになるか、と考える「清算価値法」です。後者は企業価値評価の中では低い評価になる可能性が高いので、売却価額の下限の目安とすることが多いといえます。

【マーケットアプローチ】

算定対象会社や事業の類似業がいくらくらいの価額で売買されているか、という視点から企業の価値を算定する考え方を「マーケットアプローチ」と言います。業界によっては売買の事例が豊富でやや変則的なルールを持っているケースもありますが、概ね直近の類似事業者の株価や売買実績を参考にして市場価値の推測を行います。

【インカムアプローチ】

「コストアプローチ」という考え方が、これまでの企業の活動により積み上げられた資産と負債を元に企業価値を算定する方法であるのに対し、「インカムアプローチ」は、対象となる会社や事業が将来生み出すであろう価値を根拠にして企業価値を算定する考え方です。
単純化して解りやすい事例を挙げてみます。算定対象の会社が現在3000万円の現金を持っているとします。その現金を年利5%の1年複利で計算される預金商品に預けたならば、5年後の利息はおよそ830万円となります。算定対象の会社が5年後にフリーキャッシュとして830万円以上の収益をだすものと見込まれるのであれば、この預金商品との比較で3000万円以上の価値がある案件と言えます。逆にそれ以下の収益しか生み出さないのであれば、3000万円の価値はないと考えるのです。
このように、「インカムアプローチ」という考え方は企業が将来に亘って生み出す価値そのもの(=事業の将来性)にフォーカスした企業価値の算定方法と言えるでしょう。

※ のれん代という考え方

M&Aでよく耳にする「のれん代」という言葉ですが、これは算定対象会社や事業について保有する簿価純資産を上回る部分の評価を意味します。
“のれん”という言葉をイメージしやすい例として、算定対象会社を鎌倉の老舗の和菓子屋さんと考えてみましょう。算定対象会社の和菓子屋さんは、鎌倉で創業200年という歴史のある老舗です。建物や什器、現預金など資産の合計から買掛金や銀行からの借入金などの負債を差し引いた純資産は2000万円です。しかし、200年の歴史と通信販売を含めた全国に広がる顧客層の厚さ、培ってきた信頼といったかたちにできない資産には非常に大きな価値があります。シナジー効果が得られると判断した企業であれば5000万円をだしても買収したいと考えるかもしれません。この場合の純資産との差額の3000万円を「のれん代」と言うのです。あたかも老舗の和菓子屋さんの店先にかかっている“のれん”そのものに価値を見出しているかのように評価をすることから「のれん代」と呼ばれるようになったと言われています。