M&A TIPS

M&Aノウハウ特集

失敗しないM&A~買収成功のための4つの心得~

事業規模拡大やコア事業の強化のために、M&Aが有効な手段として着目されています。ではM&Aを成功させるためには、どのようなことを心がけるべきなのでしょう。ここでは、買い手側のM&A成功のための基本的な【心得】について解説させていただきます。

①【M&Aの目的を明確に】

今、貴社はなんのためにM&Aを検討しているのでしょう? 「新規事業の立ち上げたい」、「事業のシェア拡大を図りたい」等々、様々な理由があることでしょう。その目的を明確にしたうえで、自社にとって最も有益な候補先を選定するのが、何よりも大切です。

②【デューデリジェンス(買収監査)は専門家に依頼しょう】

候補先が見つかれば、いくらで買うのか、価額を決定しなければなりません。M&Aではデューデリジェンス(DDと略すこともあります)という企業の価値を算定する方法をとります。一般的には財務面(資産額は適正か、帳簿に記載されていない負債がないか、等)、法務面(M&Aの妨げになる契約がないか、等)、労務面(就業規則や賃金、退職金などに関する各種規定、等)ビジネス面(市場規模や競合他社、その企業の強みや弱点、等)などの観点から精査をしていきます。デューデリジェンス(DD)は専門的知識を要しますので、特に、価額を大きく左右する財務面や法務面のデューデリジェンス(DD)に関しては税理士や弁護士等の専門家を活用することをお奨めします。

③【無駄に時間を費やさない】

M&Aは慎重に進めていかねばならない反面、なるべく早めにクローズさせたほうが得策です。調査や交渉が長引けば長引くほど、早くクローズさせた場合に比べて得られる利益を失ってしまう可能性が高くなってしまからです。また、次にお話するポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)へ移る時期がどんどん遅くなってしまうというのも理由の一つです。

④【ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)を大切にしよう】

ポスト・マージャー・インテグレーション(頭文字をとってPMIと称します)は、M&A成立後の両社の統合プロセスのことを指します。M&Aで一番重要なのはこのPMIだという専門家もいるほどです。培ってきた企業文化が全く違った会社同士ですから、営業の方法や経理のルールから社内システムの運用、最終意思決定の方法まで、社内の仕組み自体も異っていることが大半です。これら互いの企業活動の仕組みを最もシナジーが出る仕組みに統合するのは決して容易なことではないでしょう。そのためには、各々の担当者が対応項目のリストアップを行い、項目ごとに期日を設けて確実に遂行していく必要があります。このPMIは思った以上に時間と労力を要するものです。
このPMI次第でM&Aの成否が大きく左右されるので、人任せにするのではなく、経営者自身がしっかりと舵取りを行っていく必要があります。


以上が買収を成功させるための4つの心得です。ご参考にしてください。