M&A TIPS

M&Aノウハウ特集

実はこんなにメリットが! ~M&Aによる起業のすすめ~

スモールM&Aと聞くと、後継者難に伴う事業承継をイメージする方が多いかもしれません。しかしながら、スモールM&Aは起業の手段のひとつとしても大変有効なものなのです。 なぜ、M&Aが起業の有効な手段となり得るのでしょう? 今回は、M&Aで起業するメリットを解説していきたいと思います。

① 最初から売上が見込める

いちから起業や開業した場合、売上は当然ながらゼロからのスタートとなります。さらに、未だ売上がたっていないのにも関わらず、様々な経費や事務所の賃貸料といった固定費が月々必要となるので、赤字スタートになることが大半でしょう。
一方、M&Aで起業した場合は、初めからある程度の売上が見込めるケースが多いため、いちから起業・開業した場合に比べて投資金額の早期回収を図ることが可能となります。
また、起業した時点から売上が見込めるので、資金繰り的にも精神的にも、新たなビジネス・アイデアの創出や経営戦略の策定に注力し、さらなる売上アップのための前向きなチャレンジに臨めるようになります。

② 即戦力の人材が確保できる

慢性的な人手不足が続くなか、多くの中小企業の経営者にとって、優秀な人材の確保や人材の育成は悩みの種のひとつです。M&Aで従業員の引継ぎも可能となれば、即戦力の人材がそのまま揃うことになり、採用や教育にかかる費用と時間が大幅に削減できるのです。このことだけでも、M&Aによる起業は、経営者にとって大きな魅力となるメリットといえるでしょう。

③ 実務的なノウハウが取得できる

M&Aで事業を引き継ぐ場合、既に経験と実績に基づいた営業上や業務上のマニュアルが整備されているケースが多く見受けられます。こうした実務的なノウハウが可視化されているということも、時間と労力の節約となり、M&Aによる起業の大きなメリットとして挙げることができます。

④ 許認可の引継ぎができる

株式譲渡によるM&Aの場合、売り手側の企業が取得している許認可をそのまま引き継ぐことが可能となります(事業譲渡によるM&Aでは、許認可を引き継ぐことができないので注意が必要です)。
一般的に様々な許認可の取得は、要件を整えるだけでも時間と労力がかかり、一朝一夕にできるものではありません。株式譲渡によるM&Aでは、取得するのに面倒な許認可をそのまま引き継ぐ事が出来るため、経営に許認可が不可欠な業種にとっては大変大きなメリットとなります。
なお、許認可をそのまま引き継ぐということは、過去の違反もそのまま引き継ぐことにもなりますので、十分な調査・確認が必要となることにご留意ください。


以上のように、スモールM&Aによる起業には、いくつかのメリットが挙げられます。これらのメリットは、最終的には時間と労力の問題に集約されるものですが、起業にあたって最も負担となる部分を補えるのですから、小規模事業の起業を検討している方にとっては、大きな魅力といえるでしょう。